オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  麻雀3分講座 /  ルール /  暗槓(アンカン)とは

暗槓(アンカン)とは

カンは副露(フーロ)の中でも種類があり暗槓(アンカン)はそのうちの1つです。ドラが増えるので他家(ターチャ)とっても有利になります。暗槓(アンカン)は少々小難しいと思われがちですが、1回覚えてしまえば大丈夫!!怖がらずにカンできるようにしっかりと理解を深めよう!

1. 暗槓(アンカン)とは

配牌または自分がツモをした牌のみ槓子カンツ)を完成させるカンです。暗槓では門前が崩れないので、リーチが出来る、門前のみの役でもアガれる役の喰い下がりが無い、等の利点があります。門前は崩れませんが、相手の一発を消すことは可能となります!

ツモなどで全く同じ牌が4枚揃った場合、暗槓することができます。

暗槓の晒し方

他の槓やポンチーと違って、暗槓はすべてさらさずに2枚隠してさらします。
ただし、裏にする牌も一度は表にして他のプレーヤーが全ての牌を確認してから裏にするのがマナーなのでしっかりと見せるようにしましょう!

    カン成立の基本

  • 手牌(自分の持っている牌)の中に刻子(同じ牌3枚の組み)がある
  • 手牌の刻子と同じ牌を 他家(ターチャ) が捨てる、または自分でツモ
  • カンと発声する
  • カンをした牌を公開する
  • カンが出来るのは1局につき4回まで(全員で)

2. 手順と特徴

暗槓(アンカン)の手順

カンポンチーと違って手順が少々複雑です!
カンをした後に 嶺上牌リンシャンハイ) からツモったり、ドラが増えたりと、複雑な手順があるので、しっかりと覚えよう。

Step1 カン」と発声
暗槓明槓にかかわらず、まずは「カン」と発声をして他家にカンの意思を伝えます。

Step2  槓子を晒す
揃った槓子を表を上にして場に晒します。
暗槓の場合、裏にする牌も一度は表にして他のプレーヤーが全ての牌を確認してから裏にするのがマナーです。

Step3 嶺上牌からツモをする
4枚組の槓子を作るカンの場合、ここでツモを忘れると牌が1枚足りなくなり、アガれなくなるので注意しましょう。

【ここで注意!】
暗槓明槓ではこの後のステップが逆になります。

暗槓の場合 ※カンドラ即めくりルールの場合は明槓でもこちら
Step4 カンドラをめくる

既に開かれているドラ表示牌の隣の牌をめくります。

Step5 打牌する

これで暗槓の手順は終了!!

嶺上牌からツモ事と、暗槓明槓カンドラをめくるタイミングが異なるのがポイントです。また、牌の晒し方もフリテンの確認にかかわるので間違えないように注意!!

暗槓(アンカン)の特徴

  • 自分がツモした牌でカンをする
  • 門前が崩れない
  • リンシャン牌をツモした後、打牌する前にカンドラを見ることが出来る
  • 暗槓したことでリーチの待ち牌に変化があった場合、チョンボとなる
  • リーチをした後も待ちの牌が変わらない場合はカンが出来る

他のカンと大きく違う点は、門前がくずれないことです!リーチや一発、門前自摸が付く可能性がありますね!

3. その他のカン

カンには暗槓(アンカン)以外に2つ種類があります。

  • 明槓(ダイミンカン)
  • 加槓(カン)  ※明槓(ショウミンカン)とも言います

明槓(ダイミンカン)
手牌にある暗刻他家が捨てた牌で完成させます!

このように手牌に暗刻(場に晒していない刻子)がある場合、他家の捨てた牌を拾ってカンを宣言出来ますよ!

加槓(カン) / 明槓(ショウミンカン
手牌にある明刻と、自分がツモをした牌で完成させます!
暗槓と異なり、門前メンゼン)ではなくなってしまいます!

このように手牌に明刻(ポンで揃えた刻子)と、残りの同種牌がある場合、自分の順番が来た時にカンを宣言することが出来ます。

4. 槓(カン)が絡むルール

嶺上開花(リンシャンカイホウ)

槓(カン)が成立した際に、牌の補充の為に嶺上牌(リンシャンハイ)からツモした牌でアガった場合につく役です。

1翻 鳴きOK 待ち指定なし
槓をした際に、嶺上牌ツモアガりをするとつく役。槓は明槓でも暗槓でも構いません。槍槓(チャンカン)でロンをされた場合は、嶺上開花は成立しません。また、4回の槓で場が流れる、四槓流れは槓の成立後に発生するので、嶺上開花が優先されます。

四開槓(スーカイカン

四開槓とは、4回槓をした場合流局!というルールです!合計4回カンが成立すると、その局は流局してしまいます。
四開槓(スーカイカン)という呼び方の他にも、四槓散了(スーカンサンラ)、四槓算了(スーカンサンラ)、四槓流れ(スーカンながれ)という言い方もします。

一人の人物が4回槓することは可能です。でないと、四槓子(スーカンツ)という役満が成立しません。4回槓というのは、その場で複数人のプレイヤーが4度槓することによって流局になるルールです。

槓子(スーカンツ)

槓子とは、槓子(カンツ)を4組集める役です。もっと正確に言うと、カンを4回行う事で成立する役です。

役満 鳴きOK 待ち指定なし
4つの面子槓子(暗槓でも明槓でもOK)で揃える。

この四槓子は、きわめて出現率が低いです!!
ある統計によると、四槓子の出現率は0.000234%です!

5. まとめ

暗槓は、自力でカンを成立させることです。自力で成立させるので、門前がくずれないことが最大の特徴です!また、門前をくずさず他家の一発を消すこともできるので、うまく使いこなせれば大きな戦力アップとなります!

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


皆さまからのコメントとカジノコンシェルジュからの返信!

  1. 完全先付片アガリ無しで先に2ピンを暗槓して2度目に役牌をポン
    最後に9万で上がったら先付になってないと言われました
    正しいですか

    • コンシェルジュのミライです。
      当サイトのご利用誠にありがとうございます。

      >完全先付片アガリ無しで先に2ピンを暗槓して2度目に役牌をポン
      >最後に9万で上がったら先付になってないと言われました
      >正しいですか

      調べたところ、暗槓をした場合に触れている出典が見当たりませんでした。
      ですが、暗槓をしてもリーチが掛けられる門前の手牌ですので、私としては
      先付けになっていると解釈いたします。

      最近は完全先付けルールでやっているお店が希少であるため、はっきりとした
      回答にならず申し訳ございません。

      お役に立てましたら幸いです。
      今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

最近のコメント