オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  麻雀3分講座 /  ルール /  アガりの基本形・4面子1雀頭

アガりの基本形・4面子1雀頭

  1. 基本は4面子雀頭の14枚
  2. 面子(メンツ)
  3. 雀頭(ジャントウ / アタマ)
  4. 自模と打牌

麻雀はアガりを競うゲームです。では、麻雀におけるアガりとは一体どういうことでしょう?今回は、アガリの形について解説します!

基本は4面子雀頭の14枚

アガりの形を理解するには、まず面子(メンツ)雀頭(ジャントウ/アタマ)を理解する必要があります。と言っても、考え方はとても簡単!まず、下記の牌の組合せを見てください。

面子
面子
面子
面子
雀頭

基本的に、アガりの形は牌が14枚になります。その14枚は、面子と呼ばれる3枚組が4つと、雀頭と呼ばれる2枚組が1つで構成されます。これを4面子雀頭と言います。一部例外はありますが、この段階ではまず4面子雀頭を覚えてください!

Point
アガり形の基本は4面子雀頭の14枚!

では、面子雀頭をもう少しだけ詳しく説明しましょう。

面子(メンツ)

面子とは3枚1組でワンセットとする牌の組み合わせのことです。そして、面子には順子(シュンツ)と刻子(コーツ)があります。

順子(シュンツ)

順子とは、同じ種類の数牌の連続した数字で構成される3枚1組の組み合わせのことです。

順子
順子
順子

は、9から1へは連番として扱わないので、順子になりません。

刻子(コーツ)

刻子とは、全く同じ種類の牌で構成される3枚1組の組合せのことです。

刻子
刻子
刻子

槓子(カンツ)

実は、4枚1組の槓子(カンツ)という面子もあります。刻子同様に同じ種類の牌を4枚揃えたのが槓子です。あれ?これでは、3面子雀頭で14枚の基本が崩れてしまいますね。槓子の場合は、例外的にこの基本に当てはまらないのですが、現段階では槓子という面子もあるんだという事を覚えるだけで良いです!

槓子
槓子
槓子

雀頭(ジャントウ / アタマ)

アガりの形が完成した際に、2枚組の牌が必ず1組必要になります。それが雀頭です。アガりの形が出来ていない時に2枚組の牌があっても、それは雀頭とは呼びません。また、雀頭は通称でアタマと呼ばれます。アタマの方が一般的なので、当講座でも以降はアタマと表記します。

ちなみに、アガり形になっていない場合の2枚組は対子(トイツ)と呼びます。アガりの際に、最後に残る対子アタマになると思ってください。

自模と打牌

基本的なアガりの形はお分かりいただけたと思いますが、ではどうやってそのアガり形を目指すのでしょうか?それを理解する為に、ゲーム中の卓の画像を見てみましょう。

画像では説明の為に、手前のプレーヤーの牌が見えるようになっていますが、実際は他のプレーヤー同様、牌は立てて見えないようにします。(あたりまえですねw)

良く見ると、各プレーヤーの牌は13枚しかありませんね。アガりの形には1枚足りません。では、アガる為の一枚はどうするかと言うと、壁牌(ピーパイ)か取ることになります。

壁牌から牌を1枚取ることを自模(ツモ)と言います。プレーヤーは、まず壁牌から自模をして、次に自分の持っている牌から不要な牌を1枚だけ河(ホー)に捨てます。牌を捨てる事を打牌(ダハイ)と言うのですが、自模と打牌の一連の行為を摸打(モウダ / モウター)と言います。各プレーヤーが順番に摸打を繰り返して、少しずつアガりの形に近づけていくわけです。

アガりの形が完成する為に必要な最後の牌を、アガり牌または当り牌と呼びます。自模をした時に、アガり牌が来ればアガりを宣言する事が出来ます!と、言いたいところですが、実際にアガる為には、この基本的なアガりの形以外に、もう一つ重要な要素があるんです。それが役(やく)です。麻雀でアガるには役が必要なんです!

※王牌(ワンパイ)は特殊な用途があるのですが、それはまた別の講座で説明します。

コンシェルジュから一言
アガりの形が出来ても役が無いとアガれない!?次の講座では役とは何かを勉強します!

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


皆さまからのコメントとカジノコンシェルジュからの返信!

  1. 脱字報告です
    >基本的なアガりの形はお分かりいただけた思いますが
    →基本的なアガりの形はお分かりいただけた【と】思いますが

    • コンシェルジュのミライです。
      当サイトのご利用誠にありがとうございます。

      >誤字報告です。

      ご指摘いただき誠にありがとうございます。
      該当箇所を修正致しました。

      他記事も修正致しますので暫くお待ち下さいませ。
      ご不便おかけして大変申し訳ありません。

    • コンシェルジュのミライです。
      当サイトのご利用誠にありがとうございます。

      >アタマになるのはターツではなくトイツでは

      仰る通り、「搭子(ターツ)」ではなく正しくは「対子(トイツ)」の間違いでした。
      説明に誤りがあり申し訳ありません。
      ご指摘ありがとうございます!

      コンテンツに間違いないよう
      より一層の注意を払いたいと思います。
      今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

  2. 知り合いの初心者さん向けに解説サイトを探して辿り着きました。

    わかりやすい説明でしたので勧めてみようかと思いましたが、槓子の説明に発が5枚出ているので、できたら直していただけたらと思いまして、コメントさせていただきました。

    お手数ですが、ご対応のほどよろしくお願いします。

    • コンシェルジュのミライです。
      ご指摘誠にありがとうございます。
      仰る通り「槓子(カンツ)の發が5つ表示」されていました。
      「槓子(カンツ)の發を4つ表示」に修正致しました。
      大変失礼いたしました。