ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  NSW州の規制当局。クラウン社は今年中にシドニーのライセンスを回復できる

NSW州の規制当局。クラウン社は今年中にシドニーのライセンスを回復できる

【画像はFocus Asia Pacific

ILGAがクラウン・リゾーツ社にクラウン・シドニー・カジノの州ライセンスを保有する資格がないと正式に宣言して以来、カジノ運営会社は新しいカジノのオープンの承認を得るために船を整える試みを始めました。

また、複数の取締役が辞任し、前CEOのケン・バルトン氏に代わり、ヘレン・クーナン氏が暫定的にエグゼクティブ・チェアマンに就任しました。現在、ILGAに行動計画書を提出する作業を行っています。

ニューサウスウェールズ州の規制当局の責任者であるフィリップ・クロフォード氏は、クラウン社は前進しているが、ライセンスを保持するのに適していると認められるためには、完全な更生を証明する必要があると述べています。

クロフォード氏は「誤解しないでいただきたいのですが、もし私が納得できなければ、もし独立酒類賭博局が彼らの更生に納得できなければ、彼らは適切であるとは認められません」と述べています。

しかし、今年の下半期にライセンスを復活させることは "現実的な見通し "であるとも述べています。

ブラックストーングループは、クラウン・リゾーツの残りの全株式を1株あたり現金11.85豪ドルで取得するという、拘束力のない未承諾の提案を行いました。

ただし、ブラックストーングループの提案には、デットファイナンスの手配を含むいくつかの条件があります。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください