ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  188Bet、ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメンとの提携に踏み切る

188Bet、ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメンとの提携に踏み切る

【画像はFocus Asia Pacific

オンラインギャンブル運営会社 188Betは、ブンデスリーガのサッカークラブWerder Bremenと2年間のパートナーシップを締結しました。

アジアに強い存在感を持つ188Betは、ドイツのサッカークラブと協力し、クラブの紋章や選手、チームのホームグラウンドであるヴェーザースタディオンをフィーチャーしたデジタルコンテンツを作成し、大陸のファンを魅了していきます。

188Betのロゴは、ブンデスリーガやDFB-Pokalカップの試合中、ヴェルダー・ブレーメンの選手のシャツの袖にも使用されます。

188Betのマネージングディレクターであるナイジェル・シンガー氏は「188Betでは、お客様にとってサッカーの重要性、特にブンデスリーガへの関心の高さを認識しています。今後2年間、188Betはヴェルダー・ブレーメンとのパートナーシップの成功を楽しみにしています」とコメントしています。

ヴェルダー・ブレーメンの最高経営責任者であるクラウス・フィルブリー氏は、「188Betは定評のある先進的な企業であり、当社のパートナーシップに加えて重要な存在です。」

「188Betは、アジアのスポーツベッティングファンを一堂に会させることを目的としたエキサイティングなブランドであり、この旅に参加できることを大変誇りに思っています。」と付け加えました。

一方、国際ベッティングインテグリティ協会(IBIA)は、2020年に国際的にサッカーへの不審なベッティングが61件報告されており、そのうち10件がベトナムからの警告となっています。

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください