ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  中国は国境を越えたギャンブルをターゲットにし続けている

中国は国境を越えたギャンブルをターゲットにし続けている

【画像はFocus Asia Pacific

中国は、オンラインギャンブルや中国の国境を越えたカジノでのギャンブルなど、国境を越えたギャンブルに取り組む決意を固めているようです。

中国は、国境を越えたギャンブルで他人を助けることを違法とする刑法を変更しました。

当局は、5月までに国境を越えたギャンブルへの関与を自白した者は、中国の公安部、最高人民法院、最高人民法院によって寛大に扱われることを確認し、一種の恩赦を宣言したようです。

同省国際協力部の廖金龍部長は、次のように述べた。「我々の目標は、国民を標的とする国外で活動するギャンブル集団による勧誘網を完全に麻痺させることであり、目標を達成するまで諦めない。」と述べました。

政府の制裁対象は、カジノの運営者、投資家、経営者、またはカジノのゲーミングルームやゲーミングテーブルで利益を得ている者です。

当局は、オンラインゲームサイトやアプリの所有者、プロバイダー、利用者も対象としています。

遼金龍氏によると、警察は2020年にギャンブル活動に関与した3万5000人に対して法的措置を取りました。

中国の全国人民代表大会常務委員会は昨年、中国のギャンブラーを海外のカジノに「誘い込む」行為を犯罪化する修正案を発表しました。

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください