ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  インドネシアのバドミントン選手がマッチフィッキングで有罪判決、終身出場禁止に

インドネシアのバドミントン選手がマッチフィッキングで有罪判決、終身出場禁止に

【画像はFocus Asia Pacific

バドミントン世界連盟(BWF)は、マッチフィッキングの有罪判決を受け、インドネシアのプロバドミントン選手3人を終身出場禁止にしました。

また、スポーツブランドの代表である別の個人も追放されました。

事件の発端は2020年初頭、低レベルの国際大会に出場していたインドネシア人選手8人がマッチフィクシングの疑いで出場停止処分を受けたことでした。

内部告発者からの情報をきっかけに、BWF高潔性ユニットの調査が促されました。

調査の結果、すべての選手が試合修正、試合操作、バドミントンの賭けに関するBWFの規則に違反していることが判明しました。

3人は終身禁止、他の5人は6年から12年の停職と3,000ドルから12,000ドルの罰金が科せられました。

クアラルンプールに拠点を置く組織は、「3人の選手は、金のために試合のプレーを操作するために他の人を調整し、組織していたことが判明した。」と述べています。

選手たちは21日以内にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に判決を訴える権利を持っています。

一方、マレーシア国籍のゼ・ヨンリム選手(バドミントン選手のスポンサーを務めるブランドの代表)も、BWF整合性ユニットによる1年に及ぶ調査の結果、出場禁止処分を受けました。

BWFは「被告人は、独立審理委員会により、BWF高潔性規則(賭け賭け賭けと不規則な試合結果に関する行動規範2012、2016、2017)に違反していたことが判明しました。」と発表しました。

彼は国際的なバドミントン選手に接触し、試合を操作するためにお金を提供し、雇用主がスポンサーとなっている選手を含む複数のバドミントンの試合に賭け、「スポーツブランドの幹部としての影響力のある立場を乱用し、国際的なバドミントンを腐敗させ、自分自身を豊かにしようとしていた」ことが明らかになりました。

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント