ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  マカオ、トランプ氏がWeChat PayとAlipayを禁止

マカオ、トランプ氏がWeChat PayとAlipayを禁止

【画像はFocus Asia Pacific

ドナルド・トランプ大統領が今週署名した執行命令により、商取引や購入によく使われるWeChat PayやAlipayなどの中国製アプリを禁止することで、マカオの米国系カジノは深刻な打撃を受ける可能性があります。

この執行命令は火曜日に発出され、トランプ氏が政権から離れ、ジョセフ・バイデン大統領選の候補者が米政府の責任者となれば、45日後に発効することになります。

バイデン氏は最終的には、中国に拠点を置く8つのアプリの利用を禁止する命令を取り消す可能性があります。Alipay、CamScanner、QQ Wallet、SHAREit、Tencent QQ、VMate、WeChat Pay、WPS Officeです。

トランプ氏は執行命令の中で、「香港やマカオ(中国)を含む中華人民共和国内の人物が開発または管理する特定の接続型モバイルおよびデスクトップアプリケーションやその他のソフトウェアの米国内での普及のペースと蔓延は、米国の国家安全保障、外交政策、経済を引き続き脅かしている」と述べています。

その上で、中国のアプリケーションがユーザーの個人情報を収集していることから、国家安全保障に対する脅威であると考えているとしています。

「このデータ収集は、中華人民共和国(PRC)政府と中国共産党(CCP)にアメリカ人の個人情報や専有情報へのアクセスを提供することを脅かすものであり、これにより中国は連邦政府の職員や請負業者の居場所を追跡し、個人情報の書類を作成することを可能にするだろう 」とトランプ氏は述べています。

8月にトランプ氏がWeChatのようなギャンブル業界で広く使われているアプリに対して解雇した時と同様に、マカオにある米国に本拠を置くカジノは、新しい規制が彼らのビジネスに与える影響を懸念しています。

現在、同市内で米国に拠点を置く事業者は、ウィン・マカオ、サンズ・チャイナ、MGMチャイナの3社。

このような民間企業に対する行動を通じて米政府と中国当局の緊張が高まる中、カジノは中国からの報復措置の対象となることを恐れています。

これは、2022年のカジノ入札では、ライセンスは更新されるが価格は高くなる可能性があることを考えると、特に重要なことです。

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント