ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  マレーシアは特別な宝くじの抽選を増やす

マレーシアは特別な宝くじの抽選を増やす

【画像はFocus Asia Pacific

マレーシア政府は、民間のギャンブル会社が今年から実施できる特別抽選の回数を増やしました。

マレー・イスラム政党が支配するムヒディン・ヤシン首相の政府は、特別抽選の回数を、前パカタン・ハラパン政権が許容していた2倍の22回に復活させました。

この決定は、ギャンブルの害を減らすという理由で抽選回数をさらに減らそうとしていた反対派の民主党の反対にもかかわらず行われました。

マレーシアでは、ギャンブル会社は毎週3回の定期的な抽選を許可されているが、1999年にはより大きな価格の特別抽選が導入され、より大きな税率が課せられるようになりました。

特別抽選は伝統的に年間22回に制限されていましたが、パカタン・ハラパン政権が2019年に11回、2020年には8回に制限しました。

イスラム教ではギャンブルは禁じられており、その収益はアルコールやタバコの販売から生じる税金と同様に、しばしば「罪税」と呼ばれています。

2012年にマレーシア政府はギャンブル産業から12.6億リンギット(3億1417万ドル)を徴収したが、2019年には45億リンギット(11億2000万ドル)に増加したとThe Straits Timesが報じました。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント