ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  マカオ、年末年始の来客数の減少

マカオ、年末年始の来客数の減少

【画像はFocus Asia Pacific

正月休みはマカオ観光にとってクリスマス期間ほどの成功を収めていません。

マカオ政府観光庁(MGTO)の公式統計によると,12月31日から1月3日までの1日平均到着観光客数は2万1242人に達しました。

MGTOはまた、「新年」休暇における1日平均の訪問者数は、「クリスマス」シーズン(12月23日~12月27日)と比較して13.3%減少し、12月全体の1日平均訪問者数と比較して1%減少したことを明らかにしました。

同統計によると、マカオの12月31日から1月3日までの平均訪問者の92.4%にあたる1万9629人が、中国本土からの訪問者でした。

ゲストハウスを含むマカオのホテルの平均稼働率は67.2%に達しました。

マカオの4つ星ホテルと5つ星ホテルの平均入居率は、それぞれ73%、69.9%、67.6%でした。

正月休み期間中のマカオのホテル·ゲストハウスの平均客室料金は、1,127.6ドル(141.2ドル)となっています。

休暇期間中の3つ星ホテルの平均宿泊料金はMOP694.2で、5つ星ホテルは1,447.7マカオパタカ、4つ星ホテルは701.1マカオパタカでした。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント