ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  長崎IRの新たなパートナー候補が3社浮上

長崎IRの新たなパートナー候補が3社浮上

【画像はFocus Asia Pacific

明日から始まる長崎市のプロポーザル申請手続きのために、土壇場で新たに3つの候補者が浮上した。

日本の根崎市は、中央政府が2022年に発行する3つの統合型リゾート(IR)ライセンスのうちの1つに入札するためのプロセスを開始する。

これまで、RFPプロセスには4社が参加していた。押取インターナショナル・ホールディングス、カジノオーストリア、グループ·パルトゥーシュのほかにピクセル・カンパニーズ、そしてゲットナイスホールディングスとカレントコープのコンソーシアムです。

しかし、2020年12月に地元当局は、当初のRFPプロセスに参加しなかったカジノ事業者と連絡を取り合っており、競争相手の数を増やすことを視野に入れていると述べました。

今、長崎新聞は、プロセスに参加している3つの潜在的なパートナーが追加されることを通知しました。

企業名は明らかにされていませんが、メディアの報道によると、アジアの持ち株会社1社と、アジアで事業を展開している米国の企業2社で構成されているという。

IAGによると、手続きは2021年1月7日に開始され、入札は今年10月から2022年4月まで可能だとのことです。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント