ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  マカオは2020年を終了し、ゲーム収入は79%減

マカオは2020年を終了し、ゲーム収入は79%減

【画像はFocus Asia Pacific

マカオで、2020年の最後の財務報告書によると、ゲーム総収入は前年比79.3%減の604億マカオパタカ(75億米ドル)となりました。

12月のゲーミング収入は前月比16%増の78億マカオパタカとなったにもかかわらず、この数字はCovid-19のパンデミックがマカオのゲーミング業界に与えた壊滅的な影響を示しています。

マカオ政府観光局(MGTO)によると、クリスマスの日には27755人が到着し、過去10ヶ月間で2番目に高い毎日の記録を記録したことで、今年の最後の月の訪問者数は少し回復しました。

しかし、それはまだ前年の同じ月からの65.8パーセントの低下を表しました。

マカオの毎日の平均訪問者の到着は、12月23日から27日までのホリデーシーズン中に2万4000人を超え、12月1日から22日までの訪問者の平均日量と比較すると20.2%高く、ゴールデンウィーク期間があっても10月の平均より30.5%多い数字となりました。

マカオ政府は、2021年には最終的な賭博収入が約1,300億マカオパタカになると予測しています。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント