オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  マカオのゲーミングオペレーターは年に2つのスポーツイベントを開催することができる

マカオのゲーミングオペレーターは年に2つのスポーツイベントを開催することができる

【画像はFocus Asia Pacific

最高経営責任者のホー・アイアット・セン氏は、マカオの6つの大手ゲーミングオペレーターがそれぞれ年に2つの主要なスポーツトーナメントや大会を主催するか、タイトルスポンサーになることを発表しました。

スポーツはマカオ経済の多様化の鍵であると認識されており、政府は市が毎月少なくとも1つの主要なスポーツイベントを開催することを目指しています。

マカオ・デイリー・タイムズ紙が報じたところによると、ホー・アイアット・セン氏は、その目標を達成するための提案を持っているとし、市内の最大手6社のゲーミングオペレーターと合意に達したことをほのめかしたとのことです。

同CEは「我々はゲーミングコンセッショネーターと話し合っており、それぞれ2つのイベントを開催することにしている。これは、年間12回のイベントが同時開催ではなく、暫定的に月に1回開催されることを意味する。」と述べています。

また、「ゲーミング・コンセッショネアからは肯定的な反応があり、今年末からはマラソンや世界卓球選手権のような開催可能なイベントをすでにいくつか行っています。」と付け加えました。

提案には、社会問題と文化のための長官、エルシー・アオ・イェオンU氏は、すでに配信されている潜在的なイベントのリストを持っています。

当局は、現在の状況では、国際的な選手や観光客がこのようなイベントに参加できるかどうかを予想するのは難しいと認識しています。マカオGPは、国際的な出場者が不足していることを理由に、今年の大会の一部をキャンセルしました。

ホー氏は「これらのイベントはどれも規模が大きく、海外からの参加者が多い。アオ・イェオンU氏に返事をする必要があるが、これは難しい」と語りました。

このようなイベントの開催は、今年はGDPの60.9%を失うと予想されるマカオの経済を後押しする狙いがあります。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント