オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  フィリピンのオンラインベッティングに関する法案が前進

フィリピンのオンラインベッティングに関する法案が前進

【画像はFocus Asia Pacific

フィリピン下院の下院議員委員会は、ストリーミングで配信される合法的な闘鶏やその他のイベントのオンライン賭博に新たな税金を提案する法案にグリーンライトを与えました。

この委員会は、フィリピン下院の中で、国の財政、金融、通貨問題を監督する機関です。

同委員会の委員長であるジョーイ・サルト・スカシーダ氏は10月、オンラインゲーム活動からの総収入に対して5%の税金を徴収することを目的とした下院法案No.7919を提出しました。この法案は、Covid-19の規制により政府の収入が激減した年に、ゲーミング税の徴収を強化することを目的としています。

この措置では、PAGCORの活動やフィリピン慈善事業・懸賞局(PCSO)が運営する活動は除外されます。また、内国歳入局(BIR)が賭け金の記録に使用されているギャンブル機器を検査し、認定することも可能になります。

火曜日の会議で、委員会のメンバーは、オンライン闘鶏やその他の関連ゲーム業界の透明性と説明責任を高めることを主な目的としたサルセダ氏の提案に原則的に同意しました。

GMAニュースによると、サルセダ氏は「闘鶏のオンライン賭博の運営は、地元の条例で認可されている。デジタルシフトのため、現在ではこのようなゲームの電子的なベッティング操作が行われている。しかし、電波は国の所有物であるにもかかわらず、電子的な面ではグレーゾーンだ。」

「このような曖昧さがあるため、これらの行為に国税を課すことができません。私の提案でこのグレーゾーンを明確にすることで、2019年のコックピットからの徴収額283,918米ドルのBIR(内国歳入局)よりも何倍もの収入を上げたいと考えています。」と述べています。

「課される税金は、地元でライセンスされたゲームの場外賭博活動から得られる総収入の5%に相当するものであり、地方自治体の単位で要求される税金や、政府機関が課す規制料や料金の代わりになるものではないはずだ」とも述べています。

ゲーム・アミューズメント委員会のアブラハム・ミトラ委員長は、オンライン闘鶏やその他の関連ゲームは、年間約10億米ドル以上の価値があると述べています。

下院委員会は、この提案を実施するための規制当局を特定するでしょう。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント