オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  江原ランドは2022年に回復するとアナリストは語る

江原ランドは2022年に回復するとアナリストは語る

【画像はFocus Asia Pacific

韓国で唯一のローカルギャンブラー向けカジノを運営するカンウォンランド社は2022年には回復するとみられ、JPモルガンのレポートによると「すでにキャッシュフローがプラスの領域に入っている」とのことです。

同運営会社はパンデミック対策のため、カジノを長期閉鎖せざるを得ない状況に陥っています。

アナリストのDS キム氏、デレック チョイ氏、ジャーミー アン氏は「10月16日に大量テーブルがオープンして以来、より意味のある再オープンが開始されており、厳しい制限(同時参加プレイヤーの制限、スタンディングベットの禁止)と座席数の減少(約50%)にもかかわらず、初期の傾向は今のところ非常に励みになっています」と述べています。

「過去24日間、スロットとマステーブルの両方のGGRは昨年の約50%まで回復し、VIPのGGRは実際には昨年の約90%まで回復しています(VIP はいずれにせよ、キャパシティの縮小と距離を置くルールの影響を受けにくくなっているため)。」

「このことは、この独占カジノの収益は(最終需要ではなく)キャパシティ/供給の関数であり、(マカオ特別行政区を除いて、米国、シンガポール、オーストラリア、カンボジアなどの再オープンした他の地域で見られたように)カジノに対する潜在的な需要は非常に現実的であるという私たちの信念を補強しています」と述べています。

彼らは、江原ランドのGGRが第4四半期にCovid-19以前の四半期レベルの50%まで上昇し、2021年の最終四半期には徐々に90%まで上昇し、2022年には100%に達すると予想しています。

この予測は、容量制限などの対策が緩和されることを前提としています。

報告書は「当社の分析によると、江原ランドはCovid-19年以前のGGRの50%程度でEBITDA損益分岐前利益を達成できると考えられるが、実際にはこの数週間ですでに目撃されているレベルである」と報告しています。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント