オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  横浜、IR招致反対を拒否

横浜、IR招致反対を拒否

【画像はFocus Asia Pacificサイト

横浜市は、来年の統合型リゾート(IR)ライセンス取得競争に参加することにこだわっています。横浜市は、来年の統合型リゾート(IR)参入計画の中止を求める請願書を却下しました。

9月11日に市議会建築・都市整備・道路委員会で審査された請願書は、IR入札への参加を取り下げ、カジノを含まない新たな事業計画の立案を求めていました。

市議会議員で与党自民党の山下正人氏は、署名者の懸念を理解していると述べました。

同氏は「請願者の気持ちは理解している。私はギャンブルが嫌いで、ギャンブルはしない。」と述べました。

横浜市のIR誘致には、パルトゥーシュと提携しているピクセルカンパニーズや、カレントと提携しているゲットナイスホールディングスが関心を寄せています。ウィン・リゾーツは関心を撤回しています。

横浜市の林文子市長は、市政は入札を進めることに引き続き関心を持っており、潜在的なパートナーとの会話を続ける予定であると述べています。

安倍晋三氏の後任として自民党総裁に選出された菅義偉氏は、2021年に3つのIRライセンスを付与するという日本の計画を継続すると過去に発言しています。

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント