オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  IR支援者が総理大臣に

IR支援者が総理大臣に

【画像はFocus Asia Pacificサイト

自民党の新総裁に菅義偉官房長官が月曜日に選出され、安倍晋三氏の後任首相への道が開けました。

安倍晋三氏は8月末に体調不良のため辞任しました。菅氏は第99代内閣総理大臣に就任します。

71歳の政治家は377票を確保し、岸田文雄氏(89票)、石破茂氏(68票)を抑えました。

菅氏は2021年に3つのIRライセンスを付与する計画を進める意向を示しているため、日本の統合型リゾート(IR)プロジェクトの運命にとって良いニュースとなるかもしれません。

菅氏は先日、テレビのインタビューでこう語りました。「IRは観光振興に欠かせないものだと思っている。」

「カジノばかりが注目されがちだが、政府としては、国際会議の際に家族連れで来て泊まれるホテルや様々な施設を備えた場所としてIRをアピールしていきたい」。と語りました。

菅総理は水曜日の臨時国会で首相に指名され、同日に新内閣が発足します。

横浜、大阪、長崎の3都市は、国が民間企業を選定する基本方針を打ち出していないことを踏まえ、提案要求の手続きを遅らせてきたが、IRライセンスの入札が行われています。

アナリストによると、日本はCovid-19の感染拡大のためにIR開発プロセスを1年ほど遅らせる可能性が高いという。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください