オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  違法カジノから金を受け取った疑いで日本の警察が組織犯罪の拠点を家宅捜索

違法カジノから金を受け取った疑いで日本の警察が組織犯罪の拠点を家宅捜索

【画像はInside Asian Gamingサイト

埼玉県警は10日、埼玉県川口市の違法カジノ運営から保護金を受け取った疑いで、先月、組織的犯罪行為で逮捕された男の関係先を捜索したことを明らかにしました。

6月に違法カジノ運営疑惑が発覚し、その後の警察の捜査で、暴力団「住吉会」のメンバーだった58歳の男が、賭博運営から数十万円の保護金を受け取っていた疑いで逮捕されました。

埼玉県警が10日に捜索した場所は、東京都新宿区の住吉会関連のスポットでした。

警察は、違法賭博営業の収入が暴力団の資金源になっていたかどうか、詳細な調査を進めています。

さまざまな名目で犯罪者に金が支払われるこのようなみかじめ料については、全国の自治体でさまざまな対策が講じられています。例えば、東京都議会では2019年6月に店舗が暴力団にお金を支払った場合に罰則を科す法案が可決され、2019年10月に施行されました。

これらの罰則は、特別指定施行区域内の暴力団にお金を払った店にも適用されます。新宿の歌舞伎町や銀座、六本木などの都心部のほか、八王子や町田など特別施行区域に含まれる22の区や市があります。違反者は1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください