オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  カジノニュース /  中国の「ブラックリスト」ですでに打撃を受けているカジノ

中国の「ブラックリスト」ですでに打撃を受けているカジノ

【画像はFocus Asia Pacificサイト

東南アジアのアジノスは既に海外でギャンブル旅行の中国の明らかな新しい禁止の効果を感じています。

中国の文化観光部はまだ「中国の出国旅行市場を破壊し、中国市民の生命と財産を危険にさらす」ギャンブル旅行先の「ブラックリスト」に含まれる国を明らかにしていいませんが、ベトナムのカジノ所有者はすでに最悪の事態を予想しています。

ベトナムの観光業界の関係者は日経アジアレビューに 「中国人観光客を減少させるこの政策のタイミングはマイナスだ」と語りました。

中国はベトナムの外国人観光客の主な発信地であり、昨年は600万人以上の中国人旅行者が到着しました。

海外への賭博旅行をブロックしようとする中国の決定は、国際犯罪やマネーロンダリングに対抗するための他の取り組みと一致している。それはまた、ベトナムやカンボジアのような競合する目的地に対して、特別行政区のゲーミングハブであるマカオに利益をもたらす可能性が高いです。

アナリストは、中国人観光客に依存しているアジアのカジノは、ブラックリストに掲載されれば大打撃を受けるだろうと考えています。

この動きは、マニラの人気カジノにも影響を与えると予想されています。昨年中国の訪問者はフィリピンの外国人観光客の20%以上を占め、ローカルカジノの市場は前年比15%ト成長し、2163億ペソ(US$44億5千万) に。シンガポールも同様の状況でしょう。

カジノ株は香港取引ですでに影響を受けています。サンシティグループは株式価値の10%を失い、ナガコープ株は14%も下落しました。

マカオがブラックリストに載る可能性が高いことから、香港特別行政区で事業を展開する企業の株は逆に下落しています。ギャラクシー・エンタテインメント・グループ、サンズ・チャイナ、その他のマカオのカジノ運営会社は、6月末から10%以上の上昇を記録しています。

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください