麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  麻雀ニュース /  萩原聖人さん著「麻雀 逆境の凌ぎ方」が公表発売中!

萩原聖人さん著「麻雀 逆境の凌ぎ方」が公表発売中!

【画像は竹書房公式サイト
竹書房より、俳優兼Mリーガー、日本プロ麻雀連盟所属の萩原聖人さん著「麻雀 逆境の凌ぎ方」が2019年6月1日に発売されました。

人は麻雀で多くのピンチに陥ります。
先行リーチを受けたり、安全牌がなかったり、攻め屋3人に囲まれたり…
しかし逆境のたびにベタオリしていては勝てません。
この本には、麻雀プロとしてMリーグでトッププロと戦った著者がその「牌譜」を振り返りながらどのようにして逆境を凌いだのか、そして時に失敗したのかが会話形式で書かれてます。これを読めば麻雀のピンチへの対処の仕方が分かります。各局の終わりに著者の一打一打の手牌変化図も掲載されていますので、麻雀を学びた方はもちろん、全麻雀ファン、Mリーグファン、萩原聖人ファンが満足できる内容になっているはずです。

1「手牌」を読むなんておこがましい。確定情報と手材料を見て全力疾走しろ。

2 放銃して仕方ないと言っていたら進歩はない。逆境と感じたらもう間に合ってない。

3 試合中は反省するな。容赦なく動いていく目の前の局に対し最善を尽くせ。

4 フリテンリーチは東1局からいきなりやってみろ。圧勝するムードさえ作れれば、半分は勝ちが決まる。

5 他家の鳴きで急にツモが押し寄せて来たら「チャンス」と思って押し返してみろ。

6 愚形であってもテンパイはとれ。ただし「これで行ききります」という覚悟をもて。

7 手詰まるのが麻雀。その時、意思のない「成り行き」で打っていては絶対に進化しない。

他多数。
※内容紹介より引用

萩原聖人さんは1995年第6回麻雀最強戦各界雀豪選抜大会に出場し優勝したことがきっかけで、人気俳優でありながら麻雀会での活躍が始まりました。華麗なうちまわしでつくる大物手やピンチの時でも歯を食いしばってアタリ牌を我慢する姿でファンを魅了しています。

萩原聖人さん初の書籍だそうです♪麻雀愛を感じますね!

関連情報

タイトル:麻雀 逆境の凌ぎ方 (近代麻雀戦術シリーズ)
発売日:2019年6月1日(土)
著者:萩原聖人
出版社: 竹書房

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください