ホーム /  麻雀 /  麻雀ニュース /  日本のヘッドハンティング企業が本場中国で麻雀入試試験!

日本のヘッドハンティング企業が本場中国で麻雀入試試験!

【画像は『MSN』 公式サイト

中国ネットユーザーの声、「イノベーションは永遠に日本にある」「自分も参加したい」とノリノリのようです。中国四川省のメディアである「成都商報」が日本のヘッドハンティング企業が「麻雀による採用試験を実施した」という内容が紹介され、中国の情報サイト「サーチナ」によって掲載されました!

麻雀は高度な頭脳系の戦略ゲームです。手作りの構想力、場の情報収集力、対人との駆け引き、牌効率や点差によるゲーム運び、などなど理系脳を判断する要素が満載です!

このヘッドハンティング企業というのは、株式会社カケハシスカイソリューションズのことで、同社が運営する求人サイト『ミートボウル』で実施されたようです。ここでは「得意なことで勝負する。新しい就活スタイルを提案するサイト。」をスローガンに、ユニークな就職活動を提案しています。麻雀による入社試験もその一つです。

麻雀での入社試験では、成績上位8名が筆記試験をパスされて参画企業の面接を受けることが出来ます。参画企業は、全業界、全業種から中小、ベンチャー、だれもが知る大手まで幅広く数百社が参画しています。(参画していないのは金融機関くらいだそうです。)

ミートボウルの担当者の方は「優秀な頭脳を発見するために」役立つことであり、また、麻雀というイベントへの参加率が高いのも助かる要素でもある、と言います。実際、麻雀試験をパスした人の内定率も高いそうです!

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください