麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【索子(ソーズ)】とは(麻雀用語辞典)

【索子(ソーズ)】とは(麻雀用語辞典)

索子(ソーズ)】『牌系の用語』

索子とは麻雀で使用する牌の種類で、細長い竹のような図柄と1のみ鳥の図柄が描かれた数牌の事です。索子は1索から9索までの9種類あります。牌は字牌(ツーパイ)7種、数牌(シュウパイ)27種の合計34種で各4枚あるので全部で136枚あり、その中で索子は9種類、各4枚で36枚です。数牌には索子の他にも萬子(マンズ/ワンズ)1萬~9萬筒子(ピンズ)1筒~9筒があります。

数牌の数字の読み方

数牌はそれぞれ1~9まであり萬子(マンズ/ワンズ)・筒子(ピンズ)・索子(ソーズ)の3つに分類されます。
1~9の数字の3種類で9✕3で27種、枚数は27種が各4枚なので27✕4で108枚です。

数字の読み方以下の通りです。

  • 1 → イー
  • 2 → リャン
  • 3 → サン
  • 4 → スー
  • 5 → ウー
  • 6 → ロー
  • 7 → チー
  • 8 → パー
  • 9 → キュー

索子(ソーズ)9種類

一索1二索2三索3四索4五索5六索6七索7八索8九索9

索子読み方は以下です。
1→イーソー、2→リャンソー、3→サンソー、4→スーソー、5→ウーソー、6→ローソー、7→チーソー、8→パーソー、9→キューソー

索子のモチーフは貨幣に通してまとめる縄(もしくは竹串)からきていると言われています。

牌に関する詳しい説明はこちら:
麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください