麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【数牌(シュウパイ)】とは(麻雀用語辞典)

【数牌(シュウパイ)】とは(麻雀用語辞典)

数牌(シュウパイ)】『牌系の用語』

数牌とは麻雀で使用する牌の種類で、萬子筒子索子の事です。牌は字牌(ツーパイ)7種、数牌(シュウパイ)27種の合計34種で各4枚あるので全部で136枚あります。牌の種類は字牌(トン)(ナン)西(シャー)(ペー)・(ハク)(ハツ)(チュン)とあり、数牌萬子(マンズ/ワンズ)1~9・筒子(ピンズ)1~9・索子(ソーズ)1~9で合計34種です。

麻雀で使用する牌(ハイ/パイ)は34種あり、各4枚あるので合計136枚です。
牌にはどのような種類があるのか見ていきましょう!

数牌の数字の読み方

数牌にそれぞれ1~9まであり萬子(マンズ/ワンズ)・筒子(ピンズ)・索子(ソーズ)の3つに分類されます。
1~9の数字の3種類で9✕3で27種、枚数は27種が各4枚なので27✕4で108枚です。

数字の読み方以下の通りです。

  • 1 → イー
  • 2 → リャン
  • 3 → サン
  • 4 → スー
  • 5 → ウー
  • 6 → ロー
  • 7 → チー
  • 8 → パー
  • 9 → キュー

数牌の種類・萬子(マンズ/ワンズ)

一萬1二萬2三萬3四萬4五萬5六萬6七萬7八萬8九萬9

萬子読み方は以下です。
1→イーワン、2→リャンワン、3→サンワン、4→スーワン、5→ウーワン、6→ローワン、7→チーワン、8→パーワン、9→キューワン
萬子はワンズやマンズと読むので、イーマンやリャンマン、、、と言われる事もあります。

数牌の種類・筒子(ピンズ)

一筒1二筒2三筒3四筒4五筒5六筒6七筒7八筒8九筒9

筒子読み方は以下です。
1→イーピン、2→リャンピン、3→サンピン、4→スーピン、5→ウーピン、6→ローピン、7→チーピン、8→パーピン、9→キューピン

数牌の種類・索子(ソーズ)

一索1二索2三索3四索4五索5六索6七索7八索8九索9

索子読み方は以下です。
1→イーソー、2→リャンソー、3→サンソー、4→スーソー、5→ウーソー、6→ローソー、7→チーソー、8→パーソー、9→キューソー

数牌は以上です!

続いて字牌を見ていきましょう。字牌とは、文字で表される牌で風牌(フォンパイ)と三元牌(サンゲンパイ)の2つに分類されます。

風牌(フォンパイ/カゼハイ)

東南西北

風牌(フォンパイ/カゼハイ)、四風牌(ス―フォンパイ)、 四喜牌(スーシーパイ)、色々な呼び方がありますが、これら全て東(トン)南(ナン)西(シャー)北(ペー)の4種類の牌の総称です。

風牌には順番があり、 東⇒南⇒西⇒北 と決まっています。これは非常に重要なので、必ず覚えてください。トン・ナン・シャー・ペーと口にしてみると覚えやすいです。

三元牌(サンゲンパイ)

白發中

三元牌(サンゲンパイ)とは、白(ハク)發(ハツ)中(チュン)の3種類の牌の総称です。
三元牌にも順番があり、上記の通り、 白⇒發⇒中 の順番で覚えてください。ハク・ハツ・チュン、ですね。

赤牌(アカハイ)

赤五萬赤五索赤五筒

元々の麻雀のルールにはありませんでしたが、麻雀ゲームやフリー麻雀などで多く採用されている牌に赤牌(アカハイ)があります。一般的には「五萬」「五索」「五筒」が赤い色をしています。
赤牌はドラの扱いになります。

牌は1種類につき4枚ありますが、その内の何枚かが赤牌になります。赤牌を何枚使うかに決まりはありません。その場で、プレーヤー同士で決める事になります。もちろん、赤牌を使わない場合もあります。

牌に関する詳しい説明はこちら:
麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント