麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【流局(リュウキョク)】 とは (麻雀用語辞典)

【流局(リュウキョク)】 とは (麻雀用語辞典)

流局(リュウキョク)『試合単位の用語』

和了ホーラ=アガり)以外の方法で局が終了する事を言います。一般的に 流局 といえば 荒牌平局(ホワンパイピンチュー/コウハイヘイキョク) のことを指します。これは、誰もアガる事なく 海底(ハイテイ) を終える、つまり 壁牌(ピーパイ) が無くなるというパターンのことです。また、単に 荒牌(ホワンパイ/コウハイ) とも呼びます。

このパターンで 流局 した場合、 聴牌(テンパイ) していない人は 不聴罰符(ノーテンバップ=ペナルティーで支払う点数) を払うことになります。全員不聴であれば 不聴罰符 は発生しません。

荒牌 以外で 流局 するパターンもあり、 海底 を終えずに 局 の途中で 流局 する事から 途中流局(トチュウリュウキョク) と呼ばれます。 途中流局 のパターンは以下の6つが代表的なものとして挙げられます。

九種九牌(キュウシュキュウハイ)

親は配牌時、子はポンチーカンが発生していない配牌後の第1ツモ、手牌にヤオ九牌(ヤオチューハイ=1・9・字牌)が9種類以上あることをいい、「九種九牌」を自ら宣言した場合のみ途中流局となります。
途中流局の場合、親は流れないのが一般的です。
また、敢えて宣言せずにゲームを進め、国士無双(コクシムソウ)などの役満を狙う戦略もあります。場合によっては大きなチャンスにもなるでしょう。

四風連打(スーフーレンダ/スーフォンツリェンター)

ポンチーカンのない局の1巡目に全員が同一の風牌フォンパイ=東・南・西・北)を捨てることを言います。風牌以外の場合は途中流局にはなりません。

四開槓(スーカイカン

同局内で2人以上のプレイヤーが槓(カン)を合計4回して、4回目に槓(カン)した人の捨て牌がロンされなければ途中流局となります。
4回目の槓(カン)を宣言した牌が槍槓(チャンカン)でロンアガりされた場合も、槓(カン)は認められず和了が優先され途中流局しません。
麻雀は基本和了ホーラ=アガり)優先です。

4人リーチ/四家立直(スーチャリーチ

同局内で4人全員がリーチをして、4人目のリーチ牌が通れば途中流局となります。 4人目のリーチ牌で他のプレーヤーがアガった場合は途中流局にはなりません。

三家和(サンチャホー)

1人の捨て牌に対して他の三家(サンチャ=3人のプレイヤー)が同時にロンアガりを宣言した場合に途中流局するルールです。
「頭跳ね(アタマハネ)」という上家優先(カミチャ優先=自分から見て左手のプレイヤーが優先)のルールやトリプルロン(3人同時ロン)有効のルールを採用している場合には途中流局しません。
敢えて3人目がロンを宣言しないで流局させずに局の続行を選択する戦略もあります。
途中流局の場合、親は流れるのが一般的です。

沖和(チョンボ)/錯和(チョンボ)

局の途中でチョンボとなる反則行為が発生した場合に途中流局になります。チョンボは誤ロンや誤ツモなどを始め、ノーテンリーチ、少牌、多牌、喰い替えなどの反則やミスのことです。基本的には局の続行が不可能な程の反則行為が対象となります。チョンボでの途中流局が発生した場合、チョンボしたプレイヤーは他家(ターチャ=他のプレイヤー)へ罰符(バップ=ペナルティーで支払う点数)を支払い、その局はやり直しになります。
親のチョンボ時は親は流れ、子のチョンボ時は親は流れないのが一般的です。
チョンボは、中国語の錯和(ツァホウ=誤ったアガり)、または冲和(チョンフォウ=虚しいアガリ)から来ている言葉です。

注意点として、これらのルールは場によって異なる場合があるので、初めて打つ場所などでは事前にルールを確認しましょう!
麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント