麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【理牌(リーパイ)】とは(麻雀用語辞典)

【理牌(リーパイ)】とは(麻雀用語辞典)

【理牌(リーパイ)】『牌系の用語』

理牌とは手牌を同じ種類や順番に並べ替えることです。配牌時、牌の種類や順番がバラバラだった際に、並び替える事で自身が分かり易くなります。さらに、理牌はアガった場合などに他家(ターチャ=他のプレーヤー)が確認しやすくなるので和了時に手牌を見せる際は必ず理牌するように心がけましょう。

理牌の例

理牌前
九萬三筒三索七索南二索八萬白發一萬二索南三萬
理牌後
一萬三萬八萬九萬三筒二索二索三索七索南南白發
麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください