麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【壁牌(ピーパイ)】とは(麻雀用語辞典)

【壁牌(ピーパイ)】とは(麻雀用語辞典)

壁牌(ピーパイ)】『牌系の用語』

壁牌とは各局の開始前に、各プレイヤーの前に積まれた牌山の事です。牌山とも言いますが、壁牌王牌(ワンパイ)を除いた山の事を言います。ですが、王牌を含めて壁牌と呼ぶ事もあるようです。配牌後はこの壁牌から反時計回りに決められた順序で牌をツモります。

牌山とは

手積みの場合は洗牌(シーパイ)後、各プレイヤーが2段17枚の牌山を作ります。

pipai

これが牌山です。
牌山は一つが17枚×2段の34枚で構成されます。

牌山を作る時に、一枚一枚積んでいっては時間がかかってしまうので、17枚×2列に並べてから一気に重ねてしまいましょう。

洗牌から牌山を積むまでの流れです。

全自動卓ではこの牌山が自動で積まれて出てきます。
牌山が出来たら、牌山の右側をほんの少しだけ(牌1枚分くらい)前に出しましょう。これは、他のプレーヤーが牌を取りやすくするための配慮です。

幢(トン)

牌山の上下の牌一つずつの組み合わせを幢(トン)と言います。1組で1幢、2組で2幢と数えます。

幢(トン)
牌山についての詳しい説明はこちら:
麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください