麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【南入(ナンニュウ)】 とは (麻雀用語辞典)

【南入(ナンニュウ)】 とは (麻雀用語辞典)

【南入(ナンニュウ)】『南場に入る時に使う用語』

南入とは場が南場(ナンバ)に入ることを言います。場は東場(トンバ)、南場(ナンバ)、西場(シャーバ)、北場(ペーバ)のそれぞれ4つの場があり、1つの場は4つの局で構成されています。麻雀におけるゲームの最小の区切りになるのが局(キョク)です。 配牌(ハイパイ) から アガる(=和了ホーラ)) 勝者が出るまで、或いは、誰も アガら ない 流局(リュウキョク) までが 1局となります。

局の構成

  • 南場の場合
    南1局南2局南3局南4局とあり、4つの局をひとまとめにしたのが南場です。
    本場数(流局や連荘で増える)や延長戦などのルールもあり一つの場が4局以上になる場合もあります。

場の構成

場の構成には様々なルールがあります。
一般的には半荘戦(東南戦)が主流なようですがオンライン麻雀などでは
東風戦が採用される事も多いです。

  • 半荘戦(東南戦)=東場+南場で構成
    東場(東1局~東4局)→南場(南1局~南4局)
  • 東風戦=東場のみで構成
    東場(東1局~東4局)
  • 一荘戦=東場+南場+西場+北場で構成
    東場(東1局~東4局)→南場(南1局~南4局)→西場(西1局~西4局)→北場(北1局~北4局)

一例ですが、このように場が東場から南場に移る事を「南入」と言います。

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください