麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【空ポン(クウポン)】とは(麻雀用語辞典)

【空ポン(クウポン)】とは(麻雀用語辞典)

【空ポン(クウポン)】鳴き系の用語』

ポンとは1度宣言したポンを取りやめることことです。ポンとは副露の一種で、自分の手牌に対子トイツ=同種2枚)がある際に、他家が打牌した牌を使い刻子(コーツ=同種3枚)にする行為です。ポンを宣言したのにも関わらず、ポンの行為を行わないことを空ポンと言います。空ポンは反則行為となり、ペナルティとして1000点棒を供託に出す場合アガリ放棄となるのが一般的ですが、罰則はその場の取り決めによって異なります。

ポンとは

ポン とは、手牌の 対子トイツ)を 刻子(コーツ)にする際、他家 の捨て牌を貰って メンツ を揃える行為をのことです。トイツ とは全く同じ種類の牌2枚の組み合わせのことで、コーツ とは全く同じ種類の牌3枚の組み合わせとなっている メンツ ことでです。

この トイツ が自分の手牌にある際、他家 が 自分のトイツ と同じ種類の牌を ダハイ した場合、その牌を貰って コーツ を作ることが出来ます。これが ポン です。

[対子(トイツ)の例]
一筒一筒8萬8萬發發

ポン をしたら、その3枚の牌をみんなが見えるように倒して開きます。これを晒すなどと言います。晒した牌は自分から見て右端に置きます。

さらに上家、下家、対面のだれからもったか示さなくてはいけません。

例:上家(カミチャ)からポンした場合:
中中中

例:対面(トイメン)からポンした場合:
中中中

例:下家(シモチャ)からポンした場合:
中中中

ポン できる4つの条件

1. 同じ種類の牌
2. 立直リーチ)していない
3. 手牌に 対子トイツ)がある
4. 最新の捨て牌のみ(次の人が ツモ したら ポン できません)

ポン の手順

1. 他家が ポン できる牌を ダハイ したら「ポン!」とはっきり発声
2. 貰った牌と手牌の トイツ を合わせて自分の右側の盤面に公開
3. 上家・下家・対面だれから貰ったか分かるように牌を置く
4. 手牌から不要な牌を1枚捨てる

ポン のメリット

1. 欲しい牌が 自摸(ツモ) 以外で手に入る
2. 役 を作ったり アガる スピードがアップする

ポン のデメリット

1. 自由に出来る手牌が少なくなり手詰まりを起こしやすく柔軟性がなくなる
2. ポン した牌は盤面に公開するので自分の狙いが読まれやすい
3. 同じ 役 でも鳴いて アガる と 翻(ハン) がさがる(点数が下がる)
4. リーチ、一発、裏ドラが無くなる

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください