麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【孤立牌(コリツハイ)】とは(麻雀用語辞典)

【孤立牌(コリツハイ)】とは(麻雀用語辞典)

【孤立牌(コリツハイ)】『牌系の用語』

孤立牌とは手牌の中で孤立している種類の牌で、対子、塔子、順子刻子槓子の何れにもなっていない牌の事です。現段階で各メンツを作ることが出来ない、各メンツになっていない牌の事を孤立牌と呼びます。

対子トイツ)とは

対子とは同種の牌が2枚ある状態を指します。

一萬一萬対子

上記は一萬の対子の例です。
対子について詳しくはこちら⇒対子トイツ)とは

塔子(ターツ)とは

塔子とはあと1枚で順子が完成する状態を指します。
塔子には両面塔子(リャンメンターツ)・辺張塔子(ペンチャンターツ)・嵌張塔子(カンチャンターツ)の3種類に分けられます。

二萬三萬両面塔子

一萬二萬辺張塔子

一萬三萬嵌張塔子

上記は一萬~三萬の塔子の例です。
塔子について詳しくはこちら⇒搭子(ターツ)とは

順子(シュンツ)とは

順子とは萬子筒子索子のいずれの数牌を連番で3枚揃えたメンツの事を指します。

一萬二萬三萬順子

上記は一萬~三萬の順子の例です。
順子について詳しくはこちら⇒順子(シュンツ)とは

刻子(コーツ)とは

刻子とは同種の牌3枚を揃えたメンツの事を指します。

一萬一萬一萬刻子

上記は一萬の刻子の例です。
刻子について詳しくはこちら⇒刻子(コーツ)とは

槓子カンツ)とは

槓子とは同種の牌4枚を揃えたメンツの事を指します。
槓子は少し特殊ですので詳しくは下の記事をご覧ください。
槓子について詳しくはこちら⇒ポンチーカン!(後編)

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント