麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【完全安全牌(カンゼンアンゼンハイ)】とは(麻雀用語辞典)

【完全安全牌(カンゼンアンゼンハイ)】とは(麻雀用語辞典)

【完全安全牌(カンゼンアンゼンハイ)】『戦術系用語』

完全安全牌とはプレイヤー全員の捨て牌にある牌でロンされる可能性が0%の牌のことです。合わせ打ちの牌も完全安全牌ですが、同巡内に限ります。完全安全牌は他家からの放銃(ホウジュウ=ロンされること)回避をするオリやベタオリの際に活用することが出来ます。

完全安全牌

全員の捨て牌にある牌は完全安全牌です!

完全安全牌とは、他のプレイヤー全員が共通して捨てている牌のことです。どのプレイヤーからも絶対にロンされることのない安全な牌となります。この完全安全牌は何時捨てても安全が保証されるので自分が好きなときに捨てることが出来ます。これに対して「合わせ打ち」の場合は、同巡内に限られている完全安全牌です。
完全安全牌は言わば虎の子です。最後までとっておき、合わせ打ちや現物がなくなった場合に使用するようにして下さい。

完全安全牌をみつける注目すべき4つの点

  • 『 (1) どの牌なのか? 』:他家全員の捨て牌にある牌
  • 『 (2) どのプレイヤーに対して有効なのか? 』:他家全員に対して
  • 『 (3) いつまで有効なのか? 』:局の最後まで
  • 『 (4) どの程度有効なのか? 』:他家全員に対して100%安全牌

合わせ打ちによる完全安全牌

上家と全く同じ牌は同巡内の完全安全牌です!

合わせ打ちとは同巡内上家(カミチャ=自分の1つ前のプレイヤー)が切った牌をそのまま捨てることです。同巡内とは、自分がツモするか、鳴くかしてから再度自分がツモや鳴く行為をする間のことを言います(自分の取牌から次の自分の取牌までの間)。つまり、自分がツモする直前の上家が打牌した牌と同じ牌を捨てることです。同巡内においては、すべてのプレイヤーがロンすることが出来ません。合わせ打ちは同巡内が条件であり、次の巡へと進んだ場合現物ではなくなります。つまり今だけ安全であり、今切るべき牌なのです。

合わせ打ちの完全安全牌をみつける注目すべき4つの点

  • 『 (1) どの牌なのか? 』:上家が捨てた牌と全く同じ種類の牌
  • 『 (2) どのプレイヤーに対して有効なのか? 』:他家全員に対して
  • 『 (3) いつまで有効なのか? 』:同巡内に限り
  • 『 (4) どの程度有効なのか? 』:他家全員に対して100%安全牌

安全牌の詳しい説明や手順は下記の記事をご覧ください!

安全牌の詳しい説明はこちら↓
『安牌(安パイ)は勝負のカギ!注目すべき4つの点』

ベタオリの詳しい説明はこちら↓
『麻雀のベタオリ 初心者に多い勘違い、正しい手順で逃げ切れ!』

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント