麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【嵌張待ち(カンチャンマチ)】とは(麻雀用語辞典)

【嵌張待ち(カンチャンマチ)】とは(麻雀用語辞典)

【嵌張待ち(カンチャンマチ)】『待ち系用語』

嵌張待ちとは聴牌の際の待ちの形を指す用語です。嵌張待ちは数牌の[1・3][5・7]など真ん中の数字がない状態で、真ん中の数牌が来れば、順子(シュンツ)が完成し和了ホーラ=アガり)となる待ちの形を指します。

嵌張待ち(カンチャン待ち)

1筒3筒4索6索7萬9萬

カンチャン待ちとは、順子になる一歩手前で真ん中の牌を待っている状態です。上記のように、1と3の真ん中の2や4と6の間の5を待っている状態です。

嵌張(カンチャン) [1・3]など1つの 面子メンツ) の真ん中の数字がない状態で、1枚来れば 順子(シュンツ)となる状態のこと。

タンヤオテンパイ時の牌姿をみてみます。

タンヤオ テンパイ

3萬5萬5萬6萬7萬3索4索5索7索7索7索6筒6筒

タンヤオカンチャン待ちです。萬子の3と5の真ん中の牌である萬子の4がくればアガりです!

カン=嵌」はめると言う意味!

カンチャンのカンは「嵌」と書き、中国語で「はめる」とか「はまる」という意味です。真ん中にはめるというイメージからきているのでしょう。一方、張は麻雀の牌のことを意味します。ということは嵌張は、はめるような牌、つまり、はまる牌を待っているということになります!

嵌塔子(カンターツ)にも気を配ろう!

嵌張塔子(カンチャンターツ)別名:嵌塔子(カンターツ)

[3と5]や[6と8]のように真ん中の牌がくれば順子になる塔子。

■例 索子(ソーズ)の4と6の嵌張塔子

嵌張塔子の受け入れ牌 ⇒ 嵌張待ち【枚数:1種4牌】

順子一歩手前はとても大切な形です!連続していない数字でも嵌塔子であればあと1枚で順子になるので、むやみに捨ててしまわないように気をつけよう!

その他の待ちの形

待ちの形は合計6種類あります。

待ちの種類
リャンメン待ち(両面待ち)
筒子 筒子筒子筒子
[3・4]
での
[2-5]待ち
0符
索子 索子索子索子
[2・3]
での
[1-4]待ち
0符
シャンポン(シャボ)待ち(双碰待ち)
筒子筒子筒子 筒子筒子筒子
[2・2][4・4]
での
[2-4]待ち
0符
西西西 東東東
[西・西][東・東]
での
[西-東]待ち
0符
ペンチャン待ち(辺張待ち)
筒子筒子筒子
[1・2]
での
[3]待ち
2符
筒子 筒子筒子
[8・9]
での
[7]待ち
2符
カンチャン待ち(嵌張待ち)
筒子筒子 筒子
[1・3]
での
[2]待ち
2符
索子索子 索子
[5・7]
での
[6]待ち
2符
タンキ待ち(単騎待ち=地獄単騎)
筒子筒子
[2]の単騎待ち 2符
東東
[東]の単騎待ち 2符
ノベタン(単騎待ち+面子
筒子 筒子筒子筒子筒子筒子
[1・2・3・4]
での
[1-4]待ち
2符
索子 索子索子索子索子索子
[3・4・5・6]
での
[3-6]待ち
2符

嵌張待ち(カンチャンマチ)の詳しい説明はこちら↓
『嵌張待ち(カンチャン待ち)』

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント