麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【振聴(フリテン)】とは(麻雀用語辞典)

【振聴(フリテン)】とは(麻雀用語辞典)

【振聴(フリテン)】立直テンパイ系用語』

振聴とは自分のアガり牌が自分の捨牌の中にある状態や、立直後に他家(ターチャ)が打牌したアガり牌を見逃してしまった状態のことです。振聴の状態になってしまうと、ロンでアガることは出来なくなり、ツモアガりのみが成立します。振聴とはロンが出来ない聴牌(テンパイ)のことです。

フリテンとは

フリテンとはロンができないテンパイのこと

フリテンとは、ロンが出来ないテンパイ(聴牌)のことです。通常、4メンツ+1ジャントウのアガり形が完成し役が成立していればロンすることが出来ますが、フリテンの場合はロンが出来ないのです。

  • フリテンの時はロンが出来ない
  • フリテンの時でもツモならアガれる
  • フリテンの時にロンを宣言すると罰符
罰符とは、罰金のようなもの。取り決めによりますが、一般的に子の罰符は8,000点(親に4,000点/子に2,000点)、親の罰符は12,000(子全員に4,000点)の支払いになります。結構痛いですね><

フリテンになる2つの条件

下記の2条件の内、一つでも当てはまるとフリテンとなります。

  • 条件1 テンパイ時に、アガり牌が自分の捨て牌の中にある
  • 条件2 テンパイ時に、他家(ターチャ=他のプレイヤー)が捨てたアガり牌を見逃す

条件1 捨て牌でのフリテンの例

この例では、がアガり牌ですが、が自分の捨て牌の中にあるのでフリテンです。テンパイする前に捨てた牌もフリテンの対象になります。また、フリテンになると全てのアガり牌でロンが出来なくなるので、でもロンをする事は出来ません。


条件2 見逃しでのフリテンの例

この例も、同じくがアガり牌ですが、リーチをした直後に南家が捨てたを見逃しています。見逃しでのフリテンの場合はテンパイした後の他家の捨てた牌が対象になります。しかし、捨て牌でのフリテンと同様にでのロンも出来なくなります。

フリテンの状態になると、全てのアガり牌でロンが出来なくなります!多面待ちの場合はフリテンに要注意!

フリテンは3種類

捨て牌でのフリテンか、見逃しでのフリテンの2条件を説明しましたが、更にリーチの前か後という条件もあり、これらの条件の組合せによってフリテンは3つの種類に分けられます。

リーチ リーチ
捨て牌でのフリテン フリテン リーチ後のフリテン
見逃しでのフリテン 同巡内フリテン

・フリテン
・同巡内フリテン
リーチ後のフリテン
この3つはどれもフリテンなので、ロンでアガれないのは一緒です。
その違いはフリテンが解消出来るかどうかにあります!

フリテンの解消

フリテンは条件を満たせば解消する事が出来ます。フリテンの種類によって解消方法が異なります。

フリテンの解消方法

フリテン(捨て牌でのフリテンで、リーチの前) は待ちの形を変えることで解消する事ができます。ただし、待ちを変えた後のアガり牌が自分の捨て牌の中に存在した場合、もちろんそれもフリテンとなります。

同巡内フリテンの解消方法

同巡内フリテン1巡して自分の番が来たところで解消します。もちろん、待ちの形を変えることでも解消します。

リーチ後のフリテンの解消方法

リーチ後のフリテンは解消する事が出来ません!ツモアガりを期待しましょう・・・。

リーチ前ならフリテンは解消出来るもの、ヤケにならずに頭を切り替えよう。罰符の対象は、フリテン以外にも色々あります。次回はその他のチョンボ(罰符の対象になる反則)について学びましょう。

フリテンの詳しい説明はこちら↓
『フリテンに要注意!』

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください