麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【翻牌(ファンパイ)】とは(麻雀用語辞典)

【翻牌(ファンパイ)】とは(麻雀用語辞典)

【翻牌(ファンパイ)】『牌系の用語』

翻牌とは刻子(コーツ)や槓子カンツ)を作ると翻(ファン)が付く役牌(ヤクハイ)の事です。翻牌には、三元牌風牌(=風牌風牌(=圏風牌の3種類あります。

翻牌とは役牌のこと

翻牌とは刻子槓子を作ると役となり翻が与えられる役牌のことです。
翻牌は副露(鳴き)が可能であり、3枚(または4枚)集めると成立する役です

三元牌風牌風牌の3種類が翻牌と呼ばれます。

三元牌(サンゲンパイ)

白發中

三元牌とは、白(ハク)發(ハツ)中(チュン)の3種類の牌の総称です。

三元牌は白・發・中どれか1種類でも刻子槓子になれば、1翻の役となります。

白は刻子(または槓子)で1翻
發は刻子(または槓子)で1翻
中は刻子(または槓子)で1翻

風牌(ジカゼハイ)/ 風牌(メンフォンパイ

東南西北

風牌(フォンパイ/カゼハイ)、四風牌(ス―フォンパイ)、 四喜牌(スーシーパイ)、色々な呼び方がありますが、これら全て東(トン)南(ナン)西(シャー)北(ペー)の4種類の牌の総称です。

自分の風と同じ風牌のことを風牌風牌と言います。
東家なら風牌は「東」・南家なら風牌は「南」・西家なら風牌は「西」・北家なら風牌は「北」となります。
この風牌刻子または槓子を集めると1翻の役となります。

東家は刻子(または槓子)で1翻
南家は刻子(または槓子)で1翻
西家は刻子(または槓子)で1翻
北家は刻子(または槓子)で1翻

風牌(バカゼハイ)/ 圏風牌・荘風牌(チャンフォンパイ

東南西北

場と同じ風牌のことを風牌や圏風牌や荘風牌と言います。
東場なら風牌は「東」・南場なら風牌は「南」・西場なら風牌は「西」・北場なら風牌は「北」となります。
この風牌刻子または槓子を集めると1翻の役となります。

東場は刻子(または槓子)で1翻
南場は刻子(または槓子)で1翻
西場は刻子(または槓子)で1翻
北場は刻子(または槓子)で1翻

役牌について詳しくはこちら⇒役牌(ヤクハイ)

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください