麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【ダブ東(ダブトン)】とは(麻雀用語辞典)

【ダブ東(ダブトン)】とは(麻雀用語辞典)

【ダブ東(ダブトン)】『牌系の用語』

ダブ東とは東場で東家の場合に風牌の東を刻子または槓子にすると2翻つく事です。
場と同じ風牌のことを風牌(バカゼハイ)や圏風牌(チャンフォンパイ)と呼び、風牌刻子または槓子で1翻の役となります。
自分の風の風牌のことを風牌(ジカゼハイ)や風牌(メンフォンパイ)と呼び、風牌刻子または槓子を集めると1翻の役となります。
そして、風牌かつ風牌である風牌のことを連風牌(リェンフォンパイ/レンフォンパイ)と呼びます。東場で東家の場合の連風牌である「東」を刻子または槓子にするとダブ東となり、風牌風牌で2翻つきます。

風牌とは

「東」「南」「西」「北」この4種類の牌を風牌と言います。これらの風牌の中で、現在の局における場の風牌風牌と言い、自分の風の風牌の事を風牌と言います。役牌の一種です。
そしてこの風牌風牌にどちらも当てはまる風牌の事を連風牌と言います。
風牌は、東場の東家なら「東」・南場の南家なら「南」・西場の西家なら「西」・北場の北家なら「北」となり、連風牌刻子または槓子を集めると風牌風牌で2翻つきます。

風牌(フォンパイ)』

東 南 西 北

例)
東場/東家の場合
風牌 東
風牌 東
風牌 南 西 北
上記の例のように東場の東家の場合は「東」が連風牌となり、連風牌刻子槓子を集めると風牌風牌で2翻つきます!東の場合はダブ東(ダブトン)と言います。

風牌(バカゼハイ)』
現在の 局 における場と同じ風牌フォンパイ)のこと。東場(トンバ)は字牌の東、南場(ナンバ)は字牌の南。役牌の1種。

風牌(ジカゼハイ)』
現在の 局 における自分の 風牌フォンパイ) のこと。東家(トンチャ) は字牌の東、南家(ナンチャ) は字牌の南。役牌の1種。

『客風牌
場風(バカゼ)や自風(ジカゼ)でない風牌フォンパイ)のこと。オタ風とも言う。

風牌について詳しくはこちら⇒風牌は勝利を呼び込む神風となる!
風牌について詳しくはこちら⇒オタ風の捨て方と使い道。初心者から中級者へ。

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント