麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【倍満(バイマン)】とは(麻雀用語辞典)

【倍満(バイマン)】とは(麻雀用語辞典)

【倍満(バイマン)】『点数系の用語』

倍満とは和了ホーラ=上がり)の際に獲得できる点数のことです。倍満は子の場合は16000点親の場合は24000点と高得点となっています。倍満は翻数が8翻9翻10翻の時の点数基準です。

倍満(バイマン)とは、倍満の意味

  • 倍満は点数のこと
  • 倍満:子は16,000点、親は24,000点
  • 倍満は8翻-9翻-10翻の点数

倍満とは、和了ホーラ=アガり)時に手役(和了形やアガり形のこと)に応じて獲得できる点数のことです。倍満は子の場合16,000点で、親の場合24,000点となります。倍満はとても高得点で強力な手と言えます。

倍満(バイマン)
子の場合 親の場合
16,000点
(親:8,000点 子:4,000点)
24,000点
(子:8,000点)
※( )内はツモでアガった場合の親/子の支払点数

倍満は満貫(マンガン)の2倍の点数になっています。満貫は跳満の2つ下の点数で子8,000点、親12,000点です。戦前の古い麻雀では満貫が最高得点として設定されており、点数の上限とされていました。ですが、古典麻雀から現在のリーチ麻雀へ移る流れで、満貫が最高得点ではなくなり現在のような点数計算となりました。

8-9-10翻で倍満確定

倍満は8翻-9翻-10翻で成立します。5翻以上から満貫が確定し符計算が必要なくなります。満貫以上の点数は、跳満(ハネマン)、倍満(バイマン)、三倍満(サンバイマン)、役満(ヤクマン)[ 数え役満(カゾエヤクマン)、四倍満 ]、となります。これらの点数は満貫が基準となって、満貫点数の1.5倍、2倍、3倍、4倍の点数となっています。満貫についての詳しい説明は『満貫は高得点!その意味と満貫手を作るための有効な手法』をお読み下さい。

『 符(フ) 』
待ちの種類や刻子(コーツ)の種類などによって点数を計算する場合の単位。

『 翻(ハン、ファン) 』
役やドラなどの点数を数える場合の単位。リーチ1翻、ドラ2枚で2翻など。

親 アガり の場合
5ハン
満貫
6,7ハン
跳満
8,9,10ハン
倍満
12,000
子(4,000)
18,000
子(6,000)
24,000
子(8,000)
満貫
(基準)
跳満貫
(満貫の1.5倍)
倍満貫
(満貫の2倍)
11,12ハン
3倍満
13ハン
数え役満
36,000
子(12,000)
48,000
子(16,000)
3倍満貫
(満貫の3倍)
4倍満貫
(満貫の4倍)

※( )内はツモの場合の各自負担点数

子 アガり の場合
5ハン
満貫
6,7ハン
跳満
8,9,10ハン
倍満
8,000
子(2,000)
親(4,000)
12,000
子(3,000)
親(6,000)
16,000
子(4,000)
親(8,000)
満貫
(基準)
跳満貫
(満貫の1.5倍)
倍満貫
(満貫の2倍)
11,12ハン
3倍満
13ハン
数え役満
24,000
子(6,000)
親(12,000)
32,000
子(8,000)
親(16,000)
3倍満貫
(満貫の3倍)
4倍満貫
(満貫の4倍)

※( )内はツモの場合の各自負担点数

麻雀の点数についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をお読み下さい

なぜ満貫や倍満などのような点数が用意されたのか

通常点数は基本点となる翻数によって算出されます。この符と翻数による点数計算を正確に行うとアガり手によっては数十万点という大きな点数にまでなることがあります。このような点数ではゲームがやりにくくなるので、上限点数を設けてコントロールするために満貫や跳満などの点数が用意されました。

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください