麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【当たり牌(アタリハイ)】とは(麻雀用語辞典)

【当たり牌(アタリハイ)】とは(麻雀用語辞典)

【当たり牌(アタリハイ)】『ゲームルールの用語』

当たり牌とは上がりを宣言出来る牌=和了の事です。聴牌時(あと1枚で上がれる状態)、他プレイヤーの捨て牌に対しロンを宣言出来る牌、もしくはツモ上がりを宣言出来る牌を当たり牌と言います。

例~その1~

一萬二萬三萬一筒二筒三筒一索二索三索白白白 東

少し極端な例かもしれませんが上図の手牌はの単騎待ちで聴牌の状況です。
そこで他家からが打牌されました。
この牌で和了する(上がる)事が出来るのでが当たり牌となります。

例~その2~

二萬三萬四萬七筒八筒九筒一索一索一索 六索七索 九索九索

上図の手牌はの両面待ちで聴牌の状況です。
リーチ後、他家から(もしくは)が打牌されました。
この牌で和了する(上がる)事が出来るので(もしくは)が当たり牌となります。

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください