麻雀を覚えるならマージャンコンシェルジュ!
麻雀のルールや役、上達のためのテクニックを覚えるならマージャンコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  麻雀 /  用語 /  【間四軒(アイダヨンケン)】とは(麻雀用語辞典)

【間四軒(アイダヨンケン)】とは(麻雀用語辞典)

【間四軒(アイダヨンケン)】『スジ系用語』

間四軒とはただの裏筋ではなく、裏筋が2つ重なってさらに危険となっている牌のことです。裏筋は嵌張待ち(カンチャンマチ)から両面待ち(リャンメンマチ)に切り替わる際などに起こり得るメカニズムで、他家への危険牌を予測する筋です。
間四軒は、例えば他家(ターチャ)の捨牌 に、[1]と[6]がある場合、[1]の 裏筋 は[2-5]であり、[6]の裏筋も[2-5]であるので、[2-5]筋は間四軒となります。

間4軒(アイダヨンケン)

裏スジの複合が間4軒です!
  • 間4軒(アイダヨンケン)危険牌読み
  • 間4軒とは 裏スジ を共有した 裏スジ の複合でとても危険とされている スジ
  • 間4軒/リャンメン待ち/同色牌 で危険牌を考える

間4軒 とは

間4軒 とは、 裏スジ を共有している 裏スジの複合形のスジであり、とても危険度が高いとされているスジです。ただの 裏スジ ではなく、裏スジ が2つ重なってさらに危険となっている状態です。この スジ を 間4軒(アイダヨンケン)と言います。

間4軒 4種
捨て牌 間4軒
捨牌 1索6索 に対して 間4軒は
2索-5索
捨牌 2索7索 に対して 間4軒は
3索-6索
捨牌 3索8索 に対して 間4軒は
4索-7索
捨牌 4索9索 に対して 間4軒は
5索-8索

筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

例えば、他家(ターチャ) の 捨牌 に、 があるとします。 の 裏筋 は - であり、 の裏筋も - であるので、[ 2・5 ]筋は 間4軒 となります。

因みに、捨牌である、[ 1・6 ]には、間に4軒ある[ 1 2345 6 ]ので、 間4軒 という言い方をします。他に 間4軒 は3つありますが、何れも同じように間に4軒ある並びになります。

捨牌から見る 間4軒 の具体例

具体的な例で説明してみます。

他家の捨て牌が以下のような場合を考えます。

注目するのは捨て牌にある索子の[ 2 ]と[ 7 ]です。この[ 2 ]と[ 7 ]が切り出された理由を推測してみましょう。
このプレイヤーの手牌に、 があったと予測します。手が進むに連れ、他の部分が伸びてきます(=面子が揃う)。そうした場合、 が不用となり、切り出されることがあります。[ 2・7 ]が切り出されれば、両面塔子 のリャンメン待ち - になります。

この - は、切り出された の 裏スジ でもあり、 の 裏スジ でもあります。裏スジ が2つ重なっている状態ですので、間4軒として危険なスジとなります。

しかしながら、 が切り出されて、間4軒 のスジを持つ 捨牌 が河(ホー)にあったとしても、ツモして、既に 或いは、面子が完成していれば、 - の間4軒は通ることになります。
一般的に 間4軒 のスジは、序盤や中盤に切り出された数牌で出来ていた場合に考慮する危険牌のスジと言われています。

間4軒 4種

間4軒4種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌 残る形 間4軒=危険牌
捨牌
1索6索
残る両面塔子
3索4索
間4軒となるスジは 2索-5索
危険牌と推測可能
捨牌
2索7索
残る両面塔子
4索5索
間4軒となるスジは 3索-6索
危険牌と推測可能
捨牌
3索8索
残る両面塔子
5索6索
間4軒となるスジは 4索-7索
危険牌と推測可能
捨牌
4索9索
残る両面塔子
6索7索
間4軒となるスジは 5索-8索
危険牌と推測可能

筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

スジの種類、スジ読みの戦術は下記の記事をご覧ください!
スジの詳しい説明はこちら↓
『麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』』

麻雀用語一覧はこちら:

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント