オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  ラスベガス特集 /  セリーヌ、15年以上に渡るレジデンシ―にピリオド。

セリーヌ、15年以上に渡るレジデンシ―にピリオド。

【写真はLas Vegas Review Journal HP
延べ、15年にも及ぶ長期間、シーザーズ・パレスにあるコロシアムを「自分の館」として、世界中から訪れる観衆を魅了して来たセリーヌ・ディオンが2019年6月8日を最後にラスベガス・レジデンシ―(駐在公演)を完了することに決定した。2003年セリーヌ・ディオンがこの「レジデンシー」スタイルの草分けとなる前は、アメリカ縦断ツアーだとか、ワールド・ツアーなど、ミュージシャン側がお客さんの元へ行ってパフォーマンスをするのが常であった。元々、ブロードウェイのミュージカルなどは、地方巡業などを除けば(パフォーマーは別の組が参加)、いつもニューヨークのブロードウェイへ行かなければ見れないスタイルなので、セリーヌ・ディオンのレジデンシ―もミュージカルの模造だったのかもしれない。日本でも、コロッケさんが一定期間に名古屋の中日劇場で定期公演だったり、京都で定期公演だったりするので、それに近いものかも知れない。
セリーヌ・ディオンに於いては、この15年間で、合計1,089回の公演、450万人の観客を動員した。最初の4年間のショーである「A New Day」は、音楽主体のコンサートではなく、彼女を用いたビジュアル的なショーであった。ベラージオで1998年から今なお続いている「O」ショーを手掛けたフランコ・ドラゴーン氏がプロデュースしただけあり、光と音に合わせた人の動きで生み出された絶妙なハーモニーで観客を魅了した。感動して泣いてしまうオジさん方も多数いたことは、私も良く目撃したので、間違えではない。本当に感動するショーだった。丁度その頃、韓国ドラマ「オール・イン、運命の愛」のロケをラスベガスで撮っていた。韓流ドラマのスタッフの方々も「A New Day」を観て感動していた。少なからず、その後の仕事に何らかの影響があったに違いない。

とても美味しい食べ物を口にした後の満足感は、やはり脳の一部に何かが分泌して起こるものだと理解するが、セリーヌ・ディオンのショーを診た後にも、目と耳から入った感動が、観た人の脳を喜ばしてくれたに違いない。
現実的な数字な話になって、少々おげれつにはなるが、セリーヌ・ディオンのショーはラスベガス全体が稼ぐお金の1%に当たるそうだ。ラスベガスへ来た人が1万円使う度に、そのうちの100円はセリーヌ・ディオンのショーに充てられていると思うと凄い話だと思う。

シーザーズ・エンターテイメント社の会長は、「セリーヌ・ディオンはシーザーズのレガシーに深く根を下ろした人物となった」と添えた。

今後も続々と音楽界の大物がラスベガス・レジデンシ―となる。

Las Vegas is the entertainment capital of the world(ラスベガスは世界のエンタメの都である)

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。
著作権は作者及び出版社に帰属しています。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください