オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  ポーカー /  【ハイカード】ポーカーの役を覚えよう!

【ハイカード】ポーカーの役を覚えよう!

  1. ハイカードとは
    • ハイカード同士の勝負
  2. ハイカードが出現する確率は?

ハイカードとは

ハイカードとは、手札5枚が全てバラバラの数字でスートも揃っていないハンドです。なんのペアも無い、いわゆる「ブタ」と呼ばれる状態です。ハイカード(High Card)は文字通り一番高い(強い)カードということです。ハイカードからストレートフラシュまで9つあるハンドのなかで一番弱いハンドとなります。

ポーカーのハンド(強い順)

  1. ストレートフラッシュ
  2. フォーカード
  3. フルハウス
  4. フラッシュ
  5. ストレート
  6. スリーカード
  7. ツーペア
  8. ワンペア
  9. ハイカード

カードは数字が大きい程強いですが、最強のカードはAとなります。

Point
(強い)A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2(弱い)

ハイカードの例

ハイカード同士の勝負

ハイカード士の勝負になった場合、より強い数字を持っているプレイヤーの勝利となります。一番強い数字が同じだった場合はその次に強い数字で、その数字も同じだった場合またその次の数字で勝負します。

勝ち
負け

同じハイカードの場合

下記の例ではAKまでは同じ強さなので、その次に強いカードであるQ持っているプレイヤーの勝ちとなります。

勝ち
負け

ハイカードが出現する確率は?

ハイカードの組み合わせは全部で1,302,540通りあります。

まず、5枚のカードでペアにならない組み合わせは52×48×44×40×36÷120で1,317,888通りあります。そこから、ストレートフラッシュになる組み合わせ(40)、フラッシュになる組み合わせ(5108)、トレートになる組み合わせ(10200)を除外すると、1,302,540通りとなります。

ジョーカーを除いた52枚のカードからできる5枚の組み合わせは、2,598,960パターンありますので、 ハイカード が出現する確率は、

1,317,888/2,598,960(約50.7%)

となります。

52枚のカードから5枚のカードを引いた場合、2回に1回以上は ハイカード つまり「ブタ」になるということですね。強いプレイヤーでもポーカーで降りずに勝負をするのは10~30%程度と言われていますが、これは納得いく数字ですね。

その他のポーカー役
【ワンペア】ポーカーの役を覚えよう!
【ツーペア】ポーカーの役を覚えよう!
【スリーカード / スリー・オブ・ア・カインド】ポーカーの役を覚えよう!
【ストレート】ポーカーの役を覚えよう!
【フラッシュ】ポーカーの役を覚えよう!
【フルハウス】ポーカーの役を覚えよう!
【フォーカード】ポーカーの役を覚えよう!
【ストレートフラッシュ】ポーカーの役を覚えよう!

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント