オンラインカジノのことならカジノコンシェルジュ!
オンラインカジノやゲーム攻略、最新カジノニュースはカジノコンシェルジュにお任せください!
 ホーム /  カジノ /  コミッション(Commission)|カジノ用語

コミッション(Commission)|カジノ用語

コミッション(Commission)

コミッション(Commission)とは、カジノのゲーム上、何等かの形で勝った時に発生する、プレイヤー側からハウス(カジノ)側への手数料の事である。通常、このコミッションが存在する理由は、ハウスエッジに相違があまりないベットに対して、ハウスに多少の優位性を持たせるためのモノです。

通常、コミッションと聞くと、バカラなどのゲームで、一ハンドで勝った時に支払い義務が発生する手数料のことである場合が多いですが、カジノの運営を監視する政府の委員会の事をカジノ・コミッションと呼ばれます。

コミッションの存在するゲーム、例えば、バカラ、クラップス、パイガオなどですが、完璧な理想論から言えば、これらのゲームでコミッション制ではないゲームのバリエーションがもし存在するのであれば、そのゲームがプレイヤーにとって勝利しやすいことになります。但し、この様なコミッション制ではないバリエーションを用いているゲームは、他の条件をいれて、コミッションでの手数料分をプレイヤーから獲る方法を付け加えています。

コミッションと聞いて、一番馴染みのあるゲームは、やはりバカラでしょう。

ノー・コミッション・バカラ


↑EZ Baccarat

通常のバンカーでの勝利に5%のコミッションの支払いが無い、バカラのバリエーションです。但し、バンカーに賭けて、合計が6で勝った場合は、勝ち分配当が半分になります。このような6のバンカーで勝利した時に半分支払いになるハウスエッジと、バンカー勝利の5%は、非常に近い数値となってます。ハウスエッジがほぼ同じではありますが、「コミッションが無い」と聞くと、「凄い得だ!」と思う人間の心理を突いたネーミングでもあり、アジアのカジノではノーコミッションのバリエーションが非常な人気を得ています。また、この「6のバンカーで勝つと配当半分」を逆手にとって、3枚引きの合計6で勝ったら、8倍貰える!などのボーナスを付けたバカラ・バリエーションもあり、南カリフォルニア州に点在する先住民経営のカジノでは、ほぼ全てと言ってよい程、この種のバカラが設置されています。ここでのプレイヤーの9割以上が南カリフォルニアに住む、アジア系です。陸の上のカジノでは、イージーバカラ(EZ Baccarat)が一番ポピュラーなノーコミッションバカラです。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください


最近のコメント